災害ボランティア・ネット信州とは?

平成18年冬の豪雪災害に対応して、長野県内では初めて災害ボランティアセンターが設置され、県内外からのボランティアによる活動が展開されました。
同年、諏訪・上伊那地域で豪雨災害、平成21年には、諏訪市湖南地区の豪雨災害、平成23年には、長野県北部地震(栄村)・長野県中部地震(松本市)、翌24年には、県北部を中心とした豪雪災害において災害ボランティアセンターを設置し、被災地へ安心と笑顔を届けました。
長野県社会福祉協議会ではこれらの経験を通して、日ごろの備えと災害ボランティアに関する情報を提供することで、災害ボランティア活動を円滑に推進するため「災害ボランティア・ネット信州(略称:ネット信州)」を設置し、運営を行っています。

災害ボランティア・ネット信州の活用方法

  • 長野県社会福祉協議会、市町村社会福祉協議会等が実施する訓練・研修会・会議等の情報 を提供する。
  • 登録者が実施する訓練・研修・会議等の情報を提供する。
  • 災害時におけるボランティア活動の情報を提供し、必要に応じて調整を行う。
  • 現地災害ボランティアセンターへの応援物資提供の調整を行う。

災害ボランティア・ネット信州への登録

FAXから登録する

下記より登録申込書PDFを印刷して、FAXにて送信ください。
FAX:026-228-0130