介護支援専門員実務研修受講試験とは

介護支援専門員実務研修受講希望者に対して、介護支援専門員の業務に関する演習等を主体として実務的な研修を行うに際し、事前に、介護保険制度、要介護認定、居宅サービス計画等に関する必要な専門知識等を有していることを確認し、全国的に介護支援専門員の高い資質を確保するために各都道府県で行われるものです。
現在長野県においては、社会福祉法人長野県社会福祉協議会が長野県の指定を受けて毎年1回実施しています。試験に関する情報は、その都度本ホームページの新着情報にてお知らせします。

介護支援専門員(ケアマネジャー)とは

介護支援専門員は、介護保険法に基づき、要介護者や要支援者、家族などからの相談に応じて要介護者等が心身の状況に応じた適切なサービスを利用できるよう、支援する職種です。サービス事業者などとの連絡調整を行い、要介護者等のケアプランを作成する業務を担います。
なお、介護支援専門員の業務に従事するためには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格後、実務研修を修了し、各都道府県の介護支援専門員名簿に登録を行い、介護支援専門員証の交付を受けることが必要です。