この再貸付は総合支援資金を借り入れた方で、新型コロナウイルス感染症拡大による影響を受け、減収や失業状態が続いている方に対して、3か月を限度に再度総合支援資金をお貸しするものです。 詳細等についてはお住いの市町村社会福祉協議会(以下、「市町村社協」)にご相談ください。

<対象>
緊急小口資金及び総合支援資金特例貸付を既に借り入れた方

<貸付額>
単身世帯15万円以内または複数世帯20万円以内における必要な額

<貸入期間>
3か月以内(※申込時の貸入期間を追加することはできません。)

<据置期間>
1年以内

<償還期間>
10年以内

<受付期間>
令和3年8月末日まで。
(※郵送の場合は、8月31日までに消印があるもの。)

<提出書類>
 申込みにあたって必要な提出書類は次の通りです。市町村社協の窓口にてご記入、提出をお願いします。
 なお、郵送による申込みを希望する場合は、市町村社協へ連絡をし「借入申込書」及び「借用書」の送付を受け、必要事項を記入のうえ、その他必要な書類とともに市町村社協あて郵送してください。(郵送代は申込者負担です)。
 書類が届いた時点で、借入申込書に記載の連絡先へ市町村社協から本人確認、借入理由の聞き取りなどのために電話を入れますので、必ず応対してください。
 書類に不備がなく、借入に対する理由が明確になったことをもって受付が完了します。(連絡が取れないと受付は完了しません)。
○「総合支援資金特例貸付借入申込書【再貸付】」
  ・再貸付を希望する理由及び貸付金の使途を具体的に記載してください。
「総合支援資金借用書【再貸付】」
  ・借入期間は、申込書の内容を確認のうえ窓口の担当者が記入します。
「生活福祉資金貸付金決定通知書」もしくは「生活福祉資金貸付金増額決定通知書」の写し
  ・紛失された方は、本会に再発行を依頼してください。再発行された同通知書を添付してください。
通帳の写し
  ・初回貸付期間中の通帳の写し(※3か月分の入金がわかるもの)
収入の減少または失業等が継続していることがわかる書類の写し
  ・例えば、感染症の影響を受ける前及び直近の収入がわかる書類の写し
   (※上記提出できない理由をやむを得ないと市町村社協が判断した場合は「収入の減少状況に関する申立書」)
身分証明書の写し
  ・申込者が本人であることを確認するため提示をお願いします。

<その他>
借入期間中は、本人の生活状況や収入状況の改善見込み等についてまいさぽに報告していただくこととなります。