現在対応中の災害福祉支援活動

《トピックス》

市町村社協の講師紹介.png 福祉・介護事業所に災害時事業継続計画(BCP)の策定が義務化されました。 これを機に、実効性あるBCP策定を目指す市町村社協のニーズに応え、本会の防災福祉アドバイザー(石井布紀子氏、園崎秀治氏)を中心に「BCP策定講師チーム」が結成されました。必要な情報たっぷりのテキストと動画視聴、講師紹介により、市町村社協のBCP策定を応援します。

・市町村BCP策定支援事業実施要項は→ PDF.png



・社協のためのBCP策定支援事業テキストは→ PDF.png



・講師チームの紹介動画は↓


4本の矢で推進中.jpg

災害に強い地域づくりには、日ごろからのつながりと情報共有、現場で判断して動ける人材が欠かせません。そこで、災害福祉支援本部では、それぞれの職能を生かしながら、連係しあえるチーム員の養成講習、情報共有、自治体や企業、NPO、他団体との協力体制を整えて、日ごろから災害に備え、災害時に力を発揮します。


災害福祉支援本部常設化.png自然災害が多発化するなかで、長野県社会福祉協議会では令和4年度から災害福祉支援本部を常設化して、平時の防災福祉活動と災害時の支援活動を一体的に推進します。



kyoutei.png

R3年12月23日 長野県社会福祉協議会と長野県に所縁のある重機系ボランティア団体が災害支援連携協定を締結しました。



borabasujyosei.jpg大規模災害が発生した際、災害ボランティア活動に参加するグループを応援する長野県独自の助成制度です



sankakibounokatahe.jpg被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方がたのニーズと、支援をしたいという方がたの熱い思いによって成り立っています。参加を希望される方は、次の点にご留意ください。(全国社会福祉協議会ホームページへ)

 これまでの災害対応の記録

    令和3年8月9月大雨災害

      【災害救助法適用(岡谷市、諏訪市、茅野市、辰野町、上松町、王滝村、木曽町)】

        tino_jyuuko1120.jpg